気象
Loading

台風18号 関東横断し太平洋へ 東北は引き続き大荒れ

 大型で強い台風18号は、6日午前に静岡県に上陸した後、関東を横断して昼過ぎに太平洋側に抜けた。東北地方の沿岸では、引き続き強い風が吹くおそれがあり、気象庁では土砂災害や河川の増水に対する警戒を呼びかけている。

 

 6日午後2時現在、台風18号は福島県いわき市の東の海上にあり、中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。依然として強い勢力を保ったまま、時速75キロで東北東に進んでいる。

 

 6日は夜遅くにかけて大しけとなる見込みで、最大風速は太平洋側の海上で27メートル、陸上で20メートル、日本海側の海上で17メートル、陸上で12メートル。気象庁は、台風は今夜には三陸沖で温帯性低気圧に変わるものと見ている。

 

 この台風の影響で、東北地方は南部を中心に、雷を伴って局地的に1時間に70ミリの非常に激しい雨が降り、7日正午までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで太平洋側で120ミリ、日本海側で100ミリ。

 

 また、降り始めの5日午前10時から6日午前10時までの雨量は、福島県いわき市山田で132.5ミリ、富岡市で122.0ミリ、小名浜市で120.5ミリ。

 

 気象庁では引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫への警戒を呼びかけている。

 

 

 あなたにオススメの記事