リコール

ソフト設計ミスで1500両の緊急停止装置に不具合 JR東

 運転士が居眠りや意識障害などに陥ったときに作動する緊急列車停止装置(EB装置)の一部に、設定時間通りに警告が作動しない不具合が見つかったことを、JR東日本が6日に明らかにした。


 EB装置は、走行中に運転士が加速や減速、気笛などのスイッチ操作を60秒間行わないとブザーが鳴って警告し、さらに5秒間、同様の操作を行わない場合、運転士が異常状態にあると判断し、自動的に非常ブレーキをかける装置。


 同社によると、運転士が対象スイッチの操作をしない場合に60秒で鳴る警告ブザーが、一部の車両において60秒以上経っても作動しないことがわかった。EB装置の制御ソフトの設計ミスが原因で、不具合があった車両は1548両にものぼるという。


 同社は、対策としてEB装置のソフトの変更を実施する。この不具合はATC(自動列車制御装置)などに影響を与えるものではなく、列車衝突の事故報告はない。

 あなたにオススメの記事