FUKUSHIMA

福島第一原発の停電 ネズミが原因か 設備は復旧完了

 福島第一原発で停電が発生し、使用済み燃料プールの冷却装置などが停止した問題で、東京電力は20日、配電盤の一部に焦げた後があり、近くにネズミのような小動物の死骸があったと発表した。

 

 配電盤は仮設のもので、トラック荷台に積まれて屋外に設置されている。20日午後0時半ごろ、東電社員が配電盤の入った金属箱の扉を開けて調べたところ、壁面や端子がすすけているのが見つかり、その下に小動物の死骸が落ちていた。

 

 消防署による確認で火災ではないと判明。小動物が原因で配電盤がショートし、停電した可能性があるという。東電はさらに詳しい原因について調査している。

 

 停電は18日夜に発生し、9つの設備が停止した。1、3、4号機の使用済み燃料プールの冷却装置などは19日夜までに復旧。共用プールも20日午前0時すぎに冷却を再開し、すべての設備が復旧している。
 

 あなたにオススメの記事