東日本大震災

震災から1年間の記録誌を発刊 仙台市

 仙台市は、東日本大震災の発生から1年間の行政活動を一冊にまとめた記録誌を発刊した。将来の減災に役立てるため、全国の自治体などに配布する。

 

 記録誌はA4版、786ページ。震災・津波の被害状況から避難所の運営、救出活動、がれきの処理、追悼式にいたるまで、1年間にわたる同市の取り組みを200枚以上の写真と共に詳細に報告している。

 

 作成にあたって仙台市は「可能な限り数値データ等も盛り込み、詳細な記述に努めた」という。記録誌は、同市のホームページからPDFや電子書籍形式で読むことができる。

 あなたにオススメの記事