外交

TPPやエボラ対策で連携確認 安倍首相とオバマ大統領電話会談

 安倍晋三首相は15日午前、オバマ米大統領と電話で会談し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の早期妥結やエボラ出血熱対策で日米両国が連携することを確認した。

 

 菅義偉官房長官が記者会見で明らかにしたもので、電話会談は米国からの要請で実施。両首脳はTPP交渉について、早期妥結に向けて引き続き連携していく考えで一致したという。

 

 また感染が拡大するエボラ出血熱について、今後も緊密に連携することを確認。安倍首相はこれまでの日本側の支援体制について説明した上で「現地の人の目に見える形であらゆる支援策を加速化させる」と表明した。

 あなたにオススメの記事