イベント

シンポジウムの模様をネット配信  国立国会図書館

「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」の公開シンポジウムが26日午後2時から国立国会図書館で開催され、シンポジウムの模様はUSTREAMで配信される。


 東日本大震災の記録等の保存、活用についての報告のほか、宗教学者・山折哲雄氏の基調講演(記憶の刻印と風化)、ジャーナリスト・津田大輔氏をコーディネーターに迎えたパネルディスカッション(東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力)を予定している。担当者は「インターネットを通じてより多くの方、特に被災地に住む方々に見ていただきたい」と話している。

 
 同アーカイブは多元的デジタルアーカイブズとして国会図書館と総務省等の機関が協力して作成された。地震・津波災害、原子力災害の記録や教訓が、収集・保存され、被災した自治体の震災直後のホームページも閲覧できる。

 あなたにオススメの記事