医療技術
Loading

世界初 iPS細胞から心臓組織シート 心筋梗塞のラットで効果 京大

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、ヒトのiPS細胞から作った血管細胞を含む心臓組織の細胞シートを開発し、心筋梗塞のラットに移植したところ、心臓機能に改善があったと発表した。心臓移植手術を受けるほかに選択肢が無かった心臓病患者にとって、再生医療につながる新たな可能性を示した。

 

 不整脈や狭心症、心筋梗塞など重度の心臓病患者に対する治療は、心臓移植が最も効果的だとされるが、ドナー不足の問題がある。

 

 そこで、京大・山下潤教授らの研究グループは、ヒトの皮膚から作ったiPS細胞に4種類のタンパク質などを段階的に加えることで、心筋や血管内皮細胞など心臓を構成する細胞を同時に分化させる手法を開発。

 

 さらに、これらの細胞を特殊な培養皿を使って高密度に培養し、シート状の心臓組織を作製することに成功した。この心臓組織シートを3層に重ねたものを心筋梗塞のラットに移植したところ、2カ月以内に心臓の収縮が回復したほか、新しい血管が形成されるなど、心臓機能の改善が確認されたうえ、がんの形成もなかった。

 

 iPS細胞を使った従来の方法では、心筋細胞を作製して移植しても、すぐに細胞が死んでしまい、心機能が低下する問題があった。研究グループでは、「移植した心臓組織シートから血管を伸ばす物質が分泌されたことが機能の回復につながったのではないか」と説明。今後はシートをさらに重ねることで機能を向上させたり、ヒトの心拍数に近い大型の動物での検証を行っていく予定だとしている。

 

 なお、この論文は英科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

 あなたにオススメの記事