防災知識

ソフトバンクの災害用音声メッセージ 保存期間を5倍に

 ソフトバンクモバイルの災害用音声お届けサービスの保存期間が、これまでの2日間から10日間に延長された。

 
 同サービスは、震度6弱以上の地震など大規模災害発生時に開設され、音声発信が集中し回線がつながりにくくなった場合でも、パケット通信により音声メッセージを送信することができる。受信者に指定されたユーザーが音声メッセージを受信すると、送信者側にはポップアップ/SMSが届けられ安否確認に利用できる。


 他社のメッセージ保存期間は、docomoが10日間、KDDIが72時間(3日間)となっている。

 あなたにオススメの記事