FUKUSHIMA

「原発のない福島を!県民大集会」開催 7千人が参加

 東日本大震災で原発事故により多大な被害を受けた福島県で23日、脱原発を掲げた「原発のない福島を!県民大集会」が開かれた。

 

 福島市あづま総合体育館に約7千人の参加者が集い、23日の午前11時からスタート。未だ生活の再建や復興が進まず、その一方で原発被害に対する関心が薄れつつある現状に危機感を覚え、あらためて福島の脱原発を訴えた。地元の女子高生もスピーチの壇上に立った。

 

 当日の様子は動画サイト「Ustream」で流されており、現在も主催者のサイトから閲覧できる。

 あなたにオススメの記事