イベント

警察博物館で東日本大震災時の活動を展示 警視庁

 東日本大震災において警視庁や被災3県の警察はどのような活動をしてきたか。その様子を写真で伝える展示会が都内の警察博物館で開催されている。

 

 警視庁では、これまで被災地における活動人員が述べ約21万名に達しており、被災3県の県警らと協力して様々な捜索活動や救助活動、パトロールなどを行なってきた。事故のあった福島原発の20キロ圏内でも実施。その様子を記した写真や活動手記などが警察博物館(東京都中央区京橋)で展示されている。

 

 開館時間は午前10~午後6時で、月曜日は休館。4月14日まで開催されている。

 あなたにオススメの記事