環境

放射性物質の9割は地面から1㌢層に存在 近畿大研究報告

 23日、近畿大学原子力研究所(本部・大阪府東大阪市)は福島県川俣町で開かれた除染研究の報告会で、放射性物質の90%が地面から1センチ以内の層に存在すると公表した。この層の除染が行われることで、空間放射線量は10分の1以下に抑えられるという。

 

 近畿大は同町から復興支援アドバイザーを受嘱しており、平成23年4月から定期的に計画的避難区域の土壌を採取し、放射性物質の測定・分析に取り組んできた。分析の結果から、地面から1センチ以内に集中する放射性物質は、土壌の細かい粒子に付着し、水に溶け出すことはほとんどないことも確認できた。

 

 ただし、放射性物質は土地の状況によって増減があるため、近畿大は除染には3センチ以上の削土を提言している。


 同町原子力災害対策課によると、報告会には町民170人あまりが参加し、研究の報告のほか除染方法や医療に関する個別の相談会も開かれた。

 あなたにオススメの記事