テクノロジー
Loading

清水建設が深海未来都市構想を提案 早ければ2030年に実現も

 清水建設は18日、水深3000メートル以上の海底に工場を設置し、そこかららせん状に伸びるチューブで海面近くに浮かぶ巨大な球体の都市へ資源を送ることができる「深海未来都市」の建設構想を発表した。

 

 深海未来都市「オーシャン・スパイラル」は、水深3000~4000メートルの深海に資源開発工場を設置し、そこかららせん状に弧を描いたチューブで、海面近くに浮かんだ直径500メートルの球状の都市を結ぶ。コンクリートがメッシュ状に張りめぐらされた球体都市の中心にはタワーが設けられ、ホテルや研究所、商業施設などが作られる。

 

 らせん状のチューブには海水の温度差を利用した発電所や、海水を淡水に変える施設などを設置。最下層に位置する資源開発工場では、海底にあるメタン生成菌で二酸化炭素から天然バイオガスを製造したり、人工の熱によってレアアースやレアメタルを育てる研究開発を行うとしている。

 

 清水建設では、深海都市は地震など災害の影響を受けにくいメリットがあるほか、温暖化による海面の上昇で沈む離島対策など、地球規模で資源の再生を目指すことができると見込んでいる。

 

 建設費はおよそ3兆円で工期は5年間。同社はこれまでにも睡蓮のように海上に広がる植物都市や、月面に太陽光電池を敷き詰めた発電施設など、夢のある未来都市構想を提案しており、今回の深海未来都市についても「政府や研究機関が興味をもってくれれば」と期待を寄せている。

 あなたにオススメの記事