東日本大震災

福島・浪江町のストリートビュー公開 Google

 Googleは28日、福島県浪江町のストリートビューを公開した。地図サービスのGoogleマップで閲覧できる。

 

 浪江町は、東日本大震災で大きな被害を受けたうえ、町の半分が福島第一原発から20キロ圏内。原発事故の影響で、現在も全域で立ち入りが原則禁止され、町民約2万1000人は全国で避難生活を送っている。

 

 Googleは町から依頼を受け、今月4日から町内の撮影を開始。完成までは数ヶ月かかる予定だったが、準備を急ぎ、28日から公開を始めた。

 

 Googleマップには、倒壊した建物だけでなく、人の姿の見えない市街地や道路脇にがれきを集めただけの海岸など、2年前から時が止まったような町の姿が映し出されてる。

 

 画像の公開にあたり、浪江町の馬場有町長はGoogleブログに寄稿。「町の現状をご覧いただき、その重さを感じていただければ幸い」「ストリートビューによる発信が、未来の世代にも、東日本大震災と原子力災害が引き起こしたありのままの姿を伝えてくれることを願っています」などとコメントしている。

 

 あなたにオススメの記事