医療技術
Loading

ヒト万能細胞から精子や卵子のもと 英の日本人研究者・入江氏

 ヒトの万能細胞であるiPS細胞とES細胞から、精子や卵子のもととなる「始原生殖細胞」を作製に成功したと、英ケンブリッジ大学などの研究チームが24日発表した。マウスでは京都大学の斎藤通紀教授らがすでに成功しているが、ヒトで安定して作ったのは初めて。

 

 作製に成功したのは、日本人研究者の入江奈緒子博士が率いる研究チーム。

 

 研究チームは成長した受精卵から作ったES細胞と、体細胞に遺伝子を組み入れて作ったiPS細胞を使って、それぞれ「始原生殖細胞」に変化させることに成功した。

 

 これまでにも作製に成功した報告例はあったが、今回の研究ではマウスとは異なり、始原生殖細胞に変わる際に「SOX17」という遺伝子が重要な役割を果たすことを突き止め、安定的に作れるようになったという。


 ヒトの万能細胞から精子や卵子を作る場合、技術的な課題や生命倫理上の問題があると考えられているが、精子や卵子ができる仕組みを研究することで、将来的には不妊の原因解明や新たな治療法の開発に結びつく可能性があるとしている。

 あなたにオススメの記事