医療技術
Loading

紅茶のポリフェノール 骨粗しょう症に予防効果 大阪大

 紅茶の苦味成分を作るポリフェノールが、骨の破壊の進行を抑える効果があることをマウスの実験で確認したと、大阪大学の研究チームが24日発表した。

 

 骨の内部では、骨を作る「骨芽(こつが)細胞」と、破壊する「破骨(はこつ)細胞」がバランスよく働くことで、新陳代謝を促し、健康な骨を維持している。国内で1300万人の患者がいるとみられている骨粗しょう症は、活発化した「破骨細胞」によって骨がもろくなり、発症につながると考えられている。

 

 大阪大学の西川恵三助教らのチームは、骨髄で破骨細胞が作られる際に「S-アデノシルメチオニン(SAM)」が増えて、生物の体を正確に形作るために欠かせないメチル化という変化がDNAに起こっていることを突き止めた。

 

 そのうえで茶葉を紅茶に加工する際の発酵段階でできる「テオフラビン」というポリフェノールが、SAMの働きを抑える効果があることがわかった。研究チームは、遺伝子組み換えによって骨の量を3分の1に減らした骨粗しょう症のマウスに、「テアフラビン」を3週間にわたって7回注射したところ、破骨細胞が減って、骨の量が2倍に回復することを確認した。

 

 体重60キロの人間が、体重の軽いマウスと同等の「テアフラビン」を摂取するには、1回に紅茶60杯を飲まなければならない計算だが、西川助教は「サプリメントなどにして摂取すれば、骨粗しょう症を予防できる可能性につながる」として実用化に向けて期待を寄せている。

 

 なおこの論文は米科学誌「Nature Medicine」電子版に24日掲載された。

 あなたにオススメの記事