FUKUSHIMA

東電トラブル多発で監視強化 原子力規制委

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は10日の記者会見で、汚染水の漏えいなどトラブルが続く東京電力福島第一原発について、検査官の増員など監視態勢を強化する方針を明らかにした。

 

 原子力規制委員会では、現在8人の現地検査官により作業状況等の監視を行っているが、立て続けに起きるトラブルにより福島第一原発の廃炉作業自体が遅れる事を危惧しており、監視強化策について、「具体的にはこれから決まるが、今のところ1名増員する事が決まっており、今後も増やしていく予定」としている。

 

 あなたにオススメの記事