防災知識
Loading

災害時のペット同行避難 環境省指針に自治体の反応は?

 環境省がまとめた「災害発生時は原則として、飼い主とペットは同行避難を行う」としたガイドラインに対して、各地方自治体の対応はさまざま。

 

 首都直下地震や南海トラフ巨大地震で大きな被害が予想される都府県のうち、東京都、大阪府、静岡県は、すでに「ペット同行避難」を受け入れられるよう市区町村に指導しており、今回の指針を受けてさらに環境整備を進めていく方針。

 

 しかし、被災予想地域でも神奈川県は、「ペット同行避難受け入れは市区町村の避難所責任者の判断」として、「ペット同行避難の受け入れ」は指導していない。

 

 愛知県では、「ペット同行避難」以前に、被災時のペット対策自体について、まったく指導を行なっていないのが現状。

 

 また、受け入れを指導している都府県でも、「動物嫌いの人やアレルギーの人もいるので統一化するのは難しい」(静岡県)、「危険動物が逃げてしまった場合どうすればよいのか、まだ具体的な対策を打ち出せていない」(大阪府)などの問題に頭を悩ませている。

 

 今後、環境省では自治体に対し、避難所や仮設住宅での受け入れを態勢の整備を促す方針だが、「ペット同行避難」実現への道のりはまだ険しい。

 

 

 あなたにオススメの記事