FUKUSHIMA

東電福島第一原発 移送ポンプから汚染水漏れ

 東京電力によると、11日午後2時から福島第一原発の第3地下貯水槽から第6地下貯水槽へ汚染水の移送を開始したが、3分後の午後2時3分に移送ポンプ出口配管の接続部(フランジ部)より汚染水の漏えいが確認されたため、即時、移送ポンプを停止したとのこと。

 

移送ポンプを停止した事により、現在、汚染水の漏えいは止まっているが、すでに漏えいした汚染水は、土中にしみ込んでいる。

 

 東京電力では、詳細について現在調査中とのこと。

 あなたにオススメの記事