Loading

  • 生物

緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール」を提供するインフォコム株式会社が、防災に関する豆知識を発信しています。

エマージェンシーコールは阪神淡路大震災をきっかけに誕生し、現在約800社、200万人以上のユーザーにご利用いただいており、東日本大震災での稼動実績と有効性は高い評価をいただいております。

 

お問い合せ先:インフォコム株式会社 サービスビジネス営業部

Email:emc-info@infocom.co.jp

地球上で人間を大量に殺す生き物とは?

ビル・ゲイツ氏のブログ「gatesnotes」に「The Deadliest Animal in the World」という記事が掲載されています。

出典:http://www.gatesnotes.com/Health/Most-Lethal-Animal-Mosquito-Week
この記事はWHO(世界保健機関)やFAO(国際連合食糧農業機関)の統計を基に作られています。何人かの人に、この質問をしてみましたが、「熊」だったり、「サメ」だったり、という答えが返ってきました。実際はどうなのでしょうか?

実は、この記事によると、1位が「蚊」で725,000人、2位が「人間」で47,5000人、3位が「蛇」で50,000人、4位が「犬」で 25,000人、5位が「ツェツェ蠅」で10,000人でした。この犬と言うのは、咬まれて死ぬのではなく「狂犬病」で亡くなる方が多いのです。
日本では幸いにも「狂犬病」の発症は現在の所ありませんが、平成18年(2006年)11月にフィリピンで犬にかまれ、帰国後狂犬病を発症して亡くなる事 例がありました。この様な狂犬病の輸入感染事例は昭和45年(1970年)以降36年ぶりです。狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドな どの一部の国々を除いて、全世界に分布します。つまり、海外ではほとんどの国で感染する可能性のある病気です。
そういう意味で言えば、一位の「蚊」も血を吸われたから死ぬのではなく、別の細菌が蚊を媒体にして人に入り、亡くなるのです。サメは年間10人、熊はラン キング外でもっと少ないのです。5位以下は6位「アサシンバグ」10,000人(サシガメと言ってカメムシの仲間です)、7位Freshwater snail(淡水かたつむり)10,000人、8位「回虫」 2500人、9位「さなだむし」2,000人、10位「ワニ」1,000人、11位「かば」500人、12位「ぞう」100人、13位「ライオン」100 人、14位「オオカミ」10人、15位「サメ」10人となっています。熊に至ってはランク外でした。

1位の「蚊」については様々な病原体を運ぶもので、デング熱、マラリア、黄熱病、日本脳炎などは代表的なものです。「蚊」の被害を防ぐ為には、「蚊」を発 生させない予防が必要です。そんなデング熱の感染を少しでも予防するために、フィリピンのマニラ首都圏で浄水や下水処理サービスの提供を行っているマイニ ラッド社が、オリジナルの“蚊とりボトル”を開発し、市民に配布しました。
それが写真の“蚊とりボトル”です。

中身はこれです。
ペットボトル(1.5〜2.0lのもの)、水:200ml(40℃ぐらいのお湯)、ブラウンシュガー:50g(砂糖でOK)、イースト:1g(ドライイーストでOK)ペットボトルの周りを黒くするとより良いようです。是非、つくってみましょう。

出典:  http://grapee.jp/3834

実は、それよりも多いのが、自分自身で死ぬ事。つまり自殺です。世界では年間100万人がコンスタントに亡くなっています。心のケアをしっかりする事も大事な事ですね。
 

>高橋家のカンパンの記事一覧

ページのTOPへ