Loading

  • 東日本大震災

陸自史上最大の作戦 東日本大震災

陸上自衛隊 現在の実員数 約14万人。
創設から58年の歴史の中で史上最大の作戦は、言うまでもなく「東日本大震災への災害派遣」だ。
のべ派遣人員1066万人、派遣期間291日間、犠牲になった隊員は5名。
福島第一原発上空で放水する陸上自衛隊のヘリコプターのテレビ映像に釘付けになった人も多いだろう。
メディアで刻一刻と状況が報じられる裏側で、陸上自衛隊に何が起き、どのように作戦を遂行していったのか?
当時の陸上自衛隊トップ 火箱芳文前陸上幕僚長が2年近く経った今、「史上最大の作戦」の真実を語り始めた。

第2回 主たる任務 従たる任務 侵略と震災と

「これもオレが決めるしかないか…」

 自衛隊法を持ち出すまでもなく、自衛隊の主たる任務は、「他国の侵略から国民の生命・財産を守る」ことにある。

 

本来、災害対応の主体は各自治体、消防・警察などであり、自衛隊はあくまでも従たる任務として、これらの組織をサポートする存在だ。

もし、災害派遣で防衛地域をカラにした結果、万が一にも他国の侵略を受けるようなことがあれば、自衛隊の本来の任務からして『本末転倒』と言うことになる。

 

 「大災害で自分の国がめちゃくちゃになっている時に、他の国の心配している場合か!」

 

とお叱りを受けるかもしれないが、ミリタリーの常識は世の中と逆である。

 

「国内が混乱している時こそ、侵略・テロの絶好のチャンス」

 

と考えるのだ。

 

 昨今の国際情勢からして、主に陸上自衛隊が警戒しているポイントは以下の2つ。

 

○九州から沖縄、南西諸島に対する中国の脅威

○山陰地方の海岸線に対しての北朝鮮からのテロ・工作などの脅威

 

 各方面隊とも「侵略やテロを許す」というリスクは可能な限り避けたいから、「東北に戦力を集結させる」という命令を出せば、どの部隊を残して、どの部隊を派遣するかの議論で、時間を浪費することは想像に難くない。

 

 軍隊と言えば、「上意下達の一糸乱れぬ軍規」のイメージを想像するかもしれないが、現実は逆だ。

陸上自衛隊の組織原理は「下意上達」である。

現場部隊の幕僚間での調整事項が上級指揮官に上げられるのが通常の形態だ。

事前計画の存在しない未曾有の規模の作戦になれば、調整が紛糾するのは目に見えている。

 

「これもオレが決めるしかないか…」

 

火箱は、覚悟を決めると九州から沖縄地方の防衛を担当する西部方面総監へのホットラインをつないだ。

 

 

「とにかく東北に向かって走っとけ!」

「木崎!そっちは大丈夫か?」

 

「はい、大したことは…」

 

「東北は大変な事になっているぞ。直ちに災害派遣に向かえ。

第8師団(熊本)と第15旅団(沖縄)は残置。

第4師団(福岡)と、津波被害が想定されるので第5施設団(小郡)は速やかに出動せよ!」

 

「了解しました。で、陸幕長、部隊はどこへ向かえば…?」

 

「…………。

いいからとにかく東北の方に向かって走っとけ!

正式な命令は後ほど改めて指示する!」

具体的な目的地も分からずに、師団規模の人員が移動する、前代未聞の作戦だった。

 

 木崎俊造西部方面総監(当時)との電話を切ると、火箱は中国、四国、近畿地方などを管轄する中部方面総監の電話に出た総監部幕僚長に、

 

「第3師団(兵庫)は残置。第13旅団(広島)と第14旅団(香川)は動かさないで集合だけさせとけ。

第10師団(愛知)と第4施設団(京都)を直ちに派遣せよ。…と総監に言っとけ!」

 

と伝えた。

中国地方を警備する第13旅団を残したのは、もちろん北朝鮮への警戒から。

そして四国4県をカバーする第14旅団を残したのは、この地震によって南海トラフ地震が連動した場合を危惧しての配置だった。

 

 

「私が偵察に行きましょうか」

 続いて火箱は、関東、甲信越地方などを管轄する関口泰一東部方面総監と連絡をとった。

 

「第1師団(練馬)と第1空挺団(習志野)は隊区である千葉、茨城の災害派遣に出動。

第12旅団(相馬原)は東北に向けて直ちに出動。

さらに東北方面隊に対する兵站(たん)支援を全力で実施せよ。」

 

 群馬県相馬原に駐屯する第12旅団は、ヘリコプターによる緊急展開を行なう、いわゆる「空中機動部隊」だ。

 

 全国の陸上自衛隊の部隊で最も早く被災地に急行することができる。

 

震災の翌朝には、ビルなどに取り残された人々を救出しているヘリコプターの映像をテレビで見た方も多いだろう。

 火箱は、最後に北海道を守る千葉徳次郎北部方面総監と連絡をとった。

 

「第11旅団(札幌)は残置。

北海道東南岸への津波が懸念されるから第5旅団(帯広)も残置。

第2師団(旭川)と第1特科団(北千歳)、第1高射特科団(東千歳)など直轄部隊は出来るだけ多く東北に派遣せよ。

それから、例えば岩手県内に集積地を作るなどして、東北地方に北から兵站支援をしろ!」

 

「陸幕長!私が現地に状況偵察に行きましょうか?」

 

北部方面総監と言えば、2個師団、2個旅団およそ4万人の兵員を率いる最高指揮官だ。

警視総監が一番乗りで事故現場に急行する事を志願しているようなものである。

「お前は行かんでいい!札幌にいてきっちり東北をサポートしろ!」

 

 千葉北部方面総監はこの時こそ、自分が偵察に行く事を思いとどまったが、その後、何回もみずからの足で被災地に赴き、偵察を繰り返したという。

 

 火箱が、5つの方面隊に電話し終わったのは、15時15分。

陸上自衛隊史上最大の作戦は、地震発生からわずか30分足らずで全国の部隊に発令されたことになる。

 

 火箱は、全ての方面総監に指示を伝え終えると、防衛省の地下深くに、また階段を駆け下りて行った。


               (次回につづく)

バックナンバー

ページのTOPへ