火山

箱根山 警戒レベル3に引き上げ ごく小規模な噴火が発生

 気象庁は30日午後12時半ごろ、神奈川県の箱根山大涌谷でごく小規模な噴火が発生したと見て、「噴火警戒レベル」を2から「3(入山規制)」に引き上げた。


 気象庁と神奈川県温泉地学研究所が30日午前中に行った現地調査によると、大涌谷で29日に確認した新たな噴気孔の周辺で、29日には見られなかった火山灰などが堆積して盛り上がっているを確認。大涌谷のロープウェー駅付近でも火山灰の飛散が確認された。


 気象庁ではこのことから大涌谷でごく小規模な噴火が発生したとみて、「噴火警戒レベル」を2の火口周辺規制から、3の入山規制に引き上げると発表した。


 大涌谷周辺の火口から700メートル程度の範囲では、小規模な噴火に伴って大きな噴石が飛散するおそれがあるとして警戒を飛びかけている。

 

 箱根山周辺では30日午前中に、箱根町で震度3から1の揺れを観測する地震が10回発生している。内閣府は午後12時45分、山谷えり子内閣府特命大臣を中心に、関係省庁が集まって災害警戒会議を開き、今後の対策を協議した。

 あなたにオススメの記事