震災復興

いわき市の高校生が企画・同行 バスツアー2日間の旅 H.I.S.

 旅行会社のH.I.S.は、東日本大震災と原発事故で観光客の減ったいわき市を盛り上げるため、地元の高校生たちが企画した2日間のバスツアー「TOMOTRA in いわき」を19日から発売開始した。

 

 今回のツアーを企画したのは、いわき市の高校生たちが結成したTOMOTRA(TOMODACHI TRAVEL)というグループ。メンバーは、2012年夏にアメリカのカリフォルニア大学で「地域貢献」や「リーダーシップ」を学んだ同市の男女高校生たちで構成されており、彼らがH.I.S.にプレゼンをしたことから企画が実現のものとなった。

 

 TOMOTRAの高校生たちは、バスツアーを企画するだけでなく、当日の旅行へも同行する。まずは新宿から高速バスに乗った旅行客を「勿来の関(なこそのせき)」で出迎え。古代の関所として知る人ぞ知るスポットをいわき市の入口にして、その後、福島第一原発近隣からやってきた住民などが運営している「夜明け市場」や遠野オートキャンプ場、スパリゾートハワイアンズなど、同市自慢の観光名所を回る。

 

 宿泊先はスパリゾートハワイアンズで、ツアー料金は3~4名1室で22,800円(2名1室は23,800円)。日程は、5/25(土)、6/1(土)、7/6(土)出発の3パターンが用意されており、H.I.S.のHPから予約ができる。

 

 なお、今回のツアー開催にあたり、TOMOTRAメンバーが中心になって作ったテレビCMが5/3より東日本地区でオンエア予定とのこと。

 あなたにオススメの記事