トピック

米マサチューセッツ州の港町にゴジラそっくりの雲出現

 米国北東部のマサチューセッツ州の港町で今月初め、ゴジラそっくりの雲が出現したとして、欧米のメディアで話題になっている。


 この雲の写真を撮ったのは、マサチューセッツ州グロスターの港町で港湾会社に勤めるジェイ・アルバートさん。今月初め、勤め先から自宅に戻る途中に州道128号線をドライブしているときに、上空に浮かぶ巨大なゴジラ雲に気づいたという。


 アルバートさんは「写真が趣味なので、この日もカメラを車に積んでいました。太陽の光がまぶしく、写真の出来としては今ひとつなんですが、運転しながら慌ててシャッターを切りました」と話している。


 1954年に第1作が公開されたゴジラは、今年5月に東京・新宿に実物大の頭を載せたビルが登場したり、来年には10年ぶりの新作が公開されるなど、ブーム再来の兆し。その人気は海を越えて英米にも及んでおり、米国では1998年に次いで昨年夏にも2作目のハリウッド版ゴジラがヒットしたばかりだ。

 あなたにオススメの記事