トピック

2020年東京五輪 新エンブレム 選考をめぐって新体制へ

 2020年東京五輪・パラリンピック大会のエンブレムが取り下げになった問題について、大会組織委員会は9日、選考過程をオープンにするため、新たなエンブレムの選考は外部有識者が中心になって行う方針を明らかにした。


 2020年東京大会のエンブレムをめぐっては、アートディレクター、佐野研二郎氏が応募の際に提出した原案から最終的に決定したデザインに至るまでの間に、審査委員会の了解を得ないままに2回の修正が行われるなど、選考過程に対する批判が集まっている。


 このため大会組織委員会は9日、今後は新デザインの選定を行うための「東京2020エンブレム委員会(仮称)」を設置し、応募資格や選考基準の策定を行う方針を発表した。


 さらにエンブレム委員会の発足に先立ち、数人の有識者からなる「準備会」を来週にも立ち上げ、エンブレム委員会のメンバー決定や、旧エンブレム選定に関する問題点の検証などを行うとしている。

 あなたにオススメの記事