医療技術

猫にもアルツハイマー 神経細胞が減少する仕組み 人間と同じ 東大

 ペットとして可愛がっていた猫が高齢で死んだ後に、解剖して脳を調べたところ、人間のアルツハイマー病と同じメカニズムで、記憶を司る海馬の神経細胞が減少することが東京大学などの研究チームによって明らかにされた。


 ヒトのアルツハイマー病では、脳の神経細胞内に異常な「タウたんぱく質」が集まって「神経原線維」が変化を起こし、海馬の神経細胞が脱落し、認知症を引き起こす。


 東大大学院の中山裕之教授や麻布大学の宇根有美教授らのチームは、ペットとして飼われていた22歳までの猫25匹の脳を死後に解剖して調べたところ、猫では8歳ごろから脳にアミロイドβが沈着し、14歳ごろから過剰にリン酸化した「タウたんぱく質」がたまって、「神経原線維変化」が起こることがわかった。


 この「タウたんぱく質」の種類を調べたところ、ヒトと同じことが判明した。そして、「神経原線維変化」が形成された猫では、海馬の神経細胞が減少し、脱落することも確認された。

 
 研究チームによると、ヤマネコやチーターなど、ほかのネコ科動物でも加齢によって「神経原線維変化」ができることが裏付けられているが、犬やサルでは高齢になっても「神経原線維変化」と神経細胞の脱落は確認されていない。


 研究チームは、人間と同じアルツハイマー発症のメカニズムを持つ猫の研究を進めれば、病態解明と治療法の開発につながると期待を寄せている。猫の寿命は人間に比べてはるかに短く、20歳が人間の100歳程度に相当するといわれている。この記事を読む愛猫家の皆さんには、年老いた猫をいたわっていただきたいと切に願う。


 なおこの研究成果は、国際的な医学誌「バイオ・メッド・セントラル」電子版に掲載された。

 あなたにオススメの記事