救助

インドネシア 高波にのまれ客船沈没 77人不明 3人死亡

 インドネシアの国家救難当局(SAR)によると、中部スラウェシ島沖で19日、乗客乗員119人を乗せた客船が高波にのまれて沈没した。20日までに42人が救助され、このうち3人が死亡していた。現在も77人が行方不明になっており、船舶や航空機で周辺海域を捜索している。


 救難当局によると、客船には当時、子供12人を含む乗客106人が乗っており、スラウェシ島南東部のコラカから南部のシワに向かっていた途中、ボネ湾で高波にのまれ、エンジンが故障し、沈没したという。


 周辺海域は当時、悪天候で波が荒く、助け出された39人のなかには少年もいた。

 あなたにオススメの記事