食中毒

イタリア産輸入アーモンドから発がん性のあるカビ毒 厚労省が検査命令

 イタリア産の輸入アーモンドの加工品から、発がん性や中毒性が高いカビ毒「アフラトキシン」が検出され、厚生労働省は21日、埼玉県の輸入会社に対し、今後、輸入するすべての届け出品への検査を義務付けた。


 このアーモンドは、埼玉県の輸入会社「スプラウト」が昨年12月にイタリアから輸入したローストされた加工食品6トン。同社が自主検査した結果、1キロ当たり17マイクログラムの「アフラトキシン」が検出された。


 アフラトキシンは、天然のナッツ類やスパイス類で見つかることの多いカビ毒で、動物実験では15~18マイクログラム/㎏含むエサを食べたアヒルが死んだり、マウスが肝がんを発症するなど、非常に高い発がん性があることで知られる。


 ヒトが食べると急性中毒を起こし、1974年にはインドで肝炎を発症した106人が死亡したケースが報告されている。2008年には工業用に仕入れたベトナム産や中国産の米から検出され、大阪の三笠フーズがそれらの米を酒造会社や菓子メーカーに転売していた「事故米転売事件」があった。


 厚労省によるとイタリア産アーモンド加工品の国内への輸入は、過去2年間で3トンから13トンと約4倍に増えていて、「アフラトキシン」が検出されたのは初めてだという。厚労省はこの輸入会社に対して、今後、全量に対する検査の実施を命じた。

 あなたにオススメの記事