テクノロジー

日本製紙が四国最大のメガソーラー計画 徳島県で2014年発電目指す

 日本製紙は、三菱商事と共同で、四国で最大規模となるメガソーラープロジェクトを徳島県小松島市で開始する。2014年後半に約2万1000キロワットの発電開始を目指す。

 

 日本製紙が所有する同市豊浦町の約25万平方メートルの敷地に、今秋から設備建設を着工予定。三菱商事と共同出資する特別目的会社「日本製紙メガソーラー小松島合同会社」が運営する。

 

 発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用し、全量を四国電力に売電する。

 あなたにオススメの記事