外交

中国首相演説「歴史を無視した発言」 官房長官

 中国李克強首相が26日訪独中に行なった演説で、尖閣諸島を念頭に「日本が盗み取った」と主張したことについて、菅義偉官房長官は27日の記者会見で、「あまりに歴史を無視した発言だと思う」と述べた。

 

 同会見で菅官房長官は、「仮にその発言が、尖閣諸島に関する中国独自の主張に基づくものということであれば、わが国としては決して受け入れることはできない。尖閣諸島を巡る中国独自の主張に基づくいかなる発言も、わが国の立場に影響を与えるものではない」としている。

 

 

 あなたにオススメの記事