防災知識

噴火にそなえ 富士山の火山マップ50年ぶりに全面改訂 新たな噴火口見つかる

「宝永の噴火」を最後に、300年以上噴火していない富士山全域の調査を続けてきた産業技術総合研究所は、このたび半世紀ぶりの改訂となる「火山マップ」を刊行することになった。15年間の全域調査によって、新たな噴火口が多数見つかったことで、防災・減災の取り組みに役立つものと期待されている。

 

 10万年前の誕生以来、噴火を繰り返してきた富士山は、1707年の宝永の噴火を最後に静けさを保っているため、近年では活火山という認識が薄れ、2013年の世界遺産登録以降は、軽装備で登山する観光客も問題になっている。一方で2000年〜2001年にかけては、富士山直下で低周波地震が頻発。政府や地元自治体の間で噴火への危機意識が高まった。

 

 これを受けて、産総研の活断層・火山研究部門のチームは、富士山全域の地質調査を開始。ボーリング調査や地層調査、年代測定を行った結果、火山灰や土壌に埋もれて分からなかった過去の噴火の歴史をつまびらかにした。

 

 また、富士山の場合、山頂以外にも山腹に直線的に並ぶ複数の噴火口から噴火するおそれがあるため、立体地図をもとに、割れ目噴火を起こす危険性がある凹地を発見し、現地調査をもとに火口の分布をまとめた。

 

 調査チームは今回の調査を通じて、富士山頂で最後の爆発的噴火が起こったのは、約2300年前と特定。15年に及ぶ調査結果を地図に記載し、10万年にわたる富士山の噴火の歴史をまとめた「富士山火山地質図」を完成させた。

 

 富士山の火山活動をまとめた地図は、産総研の前身である地質調査所が1968年に刊行したものしかなかった。今回、約50年ぶりに改定された地図は、初版の内容を全面的に見直したもので、これまでにない最高精度を誇る。

 

 すでに山梨県と静岡県がこの地図をもとに、ハザードマップや避難ルートの経路について検討を始めており、産総研では「観光客や登山者も対象とした防災対策に役立てて欲しい」と期待を寄せている。

 

 なお地図は、産総研のホームページや、全国の提携販売店で購入できる。

 あなたにオススメの記事