防災知識

「日本書紀」に残る最初の地震から1600年間の災害の歴史がわかるマップ

 地震や火山、台風など、日本でこれまで起きた災害を網羅した「災害年表マップ」を、防災科学技術研究所(NIED)が公開を開始した。『日本書紀』に記録が残る日本史上最初の地震から、約1600年分の災害の歴史が、誰でも無料で検索可能だ。

 

 防災科学技術研究所が公開した「災害年表マップ」は、地震、火山、風水害、土砂災害、雪氷災害を対象としていて、対象期間は416年〜2013年までの約5万レコード分。

 

 これまで災害が起きるたびに資料が作られてきたものの、記載方法に統一性がなく、収録も分散されているため、自治体で地域の防災計画をたてる際に不便だった。

 

 防災科学技術研究所は、全国の市区町村で起きた災害を、スタイルを統一した「事例カルテ」にまとめ、発生当時の地震の規模や気象状況、被害件数、被害総額などを数値化。

 

 ホームページ上の時間軸と対象エリアを選択すると、例えば、関東から東海にかけての太平洋沿岸では、1923(大正12)年には、関東大震災の被害が関東に集中し、1959(昭和34)年は伊勢湾台風の影響で、台風被害が愛知県を中心に広がっているようすが一目瞭然だ。

 

「災害年表マップ」http://dil-db.bosai.go.jp/saigai/

 あなたにオススメの記事