軍事

北朝鮮国営メディア「弾道ミサイル発射成功」をアピール「先制攻撃力を証明」

 北朝鮮の国営メディア「朝鮮中央通信」は6日、金正恩朝鮮労働党委員長の視察のもと、弾道ミサイルの発射訓練を実施し、成功させたと報じた。訓練が行われた場所や時期については明らかにしていないが、5日に日本海の排他的経済水域内に落下したとみられる3発の弾道ミサイルを指していると推測される。

 

 朝鮮中央通信によると、「今回の発射訓練は、性能を改良した弾道ミサイルの飛行性や、目標地点へ命中するかどうかを再点検し、火星砲兵部隊の実践能力を試すために行った」と伝えている。

 

 火星砲兵部隊については、「有事の際に太平洋に配備されている米軍基地を攻撃する任務を担当する部隊」と説明。

 

 そのうえで、金委員長の視察のもと、弾道ミサイルは任意の時刻に任意の場所で敵に先制攻撃を与えられる威力があることを証明したと述べている。

 

 朝鮮中央通信では、発射を行なった日時や場所を明らかにしていないが、北朝鮮が5日に同国南西部の黄海北道(ファンヘブクド)黄州(ファンジュ)付近から、東北東に向けて発射し、北海道奥尻島沖の排他的経済水域内に落下したとみられる3発の弾道ミサイルのことを指していると推測される。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事