防犯

ピンクのシャツに赤いスカート 派手な老人カップルが小学生を質問攻め 墨田区

 きのう(20日)午後、東京・墨田区の鐘ケ淵近くで、学校帰りの小学生の女の子が、不審な老人カップルに住所や名前を尋ねられるトラブルがあった。

 

 警視庁向島警察署によると、20日午後3時40分ごろ、墨田区墨田2丁目の路上で、60歳過ぎの初老の男女2人組が、小学校帰りの女の子に「明日学校あるの?」などと話しかけた。

 

 警察によると、2人は女の子が通う学校の担任の名前のほか、女の子の家族構成や住所、氏名のほか「お姉ちゃんいる?」などと根掘り葉掘り質問を繰り返したため、怖くなった女の子が帰宅後に保護者に報告した。

 

 不審な男女は、男が年齢60代、中肉体型で半袖のグレーのTシャツを着ていて、ボーダー柄の長ズボンを履いていて、メガネをかけていた一方、女は年齢が70代でピンクの長袖シャツに、赤いスカートを着ていて、非常に派手だったという。

 

 現場は東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」に近い住宅街で、警察が不審な人物から声をかけられても身元などを教えないよう注意を呼びかけている。



【問合せ先】向島警察署 03-3616-0110(内線2613)

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事