気象

大雨は峠を越えたが西日本では土砂災害に注意

 気象庁によると21日午後4時現在、九州から伊豆諸島にかけて梅雨前線が停滞し、台風4号から変わった温帯低気圧は九州付近の前線上を東に進んでいる。

 

 西日本は大雨の峠を越えたが、これまでの大雨により地盤が緩んでいるところもあるため、気象庁では土砂災害に警戒するとともに、低い土地での浸水、河川の増水などに注意するよう呼びかけている。

 

 また、これから夜にかけて低気圧が近づく四国や近畿地方では、雷をともなった激しい雨の降るところがある見込みで、落雷や竜巻など激しい突風にも注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事