政治

参院選日程7月4日公示・21日投票で閣議決定

 政府は28日午前の閣議で、参院選の日程について、7月4日公示、21日投開票とすることを決定した。

 

 参院選は第2次安倍内閣が初めて迎える本格的な国政選挙となる。

 

 現在、参院は野党多数の、いわゆる「ねじれ」状態で、26日に閉会した通常国会でも、電力自由化を目指す電気事業法案など重要な6法案が積み残しのまま廃案となっている。

 

 このため26日の記者会見でも安倍晋三首相は、ねじれを解消し政治の安定を図ることが至上命題としている。

 

 現在、自民・公明両党の非改選議席は59人で、この59人も含め過半数(122人)を与党が確保できるかどうかが参院選の焦点となる。

 あなたにオススメの記事