気象

閲覧恐怖 トナカイも凍死する寒さ!世界的に寒波襲来

 最強クラスの寒波が日本列島の上空に流れ込み、各地で大雪を降らせているが、今からちょうど1週間前には、ユーラシア大陸に強烈な寒波が襲来し、ヨーロッパでは20人以上が死亡した。

 

 気象庁によると、ヨーロッパ中部〜ロシア西部では、今月6〜10日ごろにかけて強い寒気の影響で、日中の平均気温が平年を大きく下回った。

 

 期間中に観測された最低気温のうち、モスクワでは氷点下29.9℃(7日)、ルーマニアのブカレストで氷点下21.7℃、チェコのプラハ国際空港で氷点下16.7℃を記録するなど、ベラルーシからロシア北西部では、気温が平年に比べ12℃以上低くなったという。

 

 これまでに報告された死者の数は20人を超えているが、この寒波によって、自然界の多くの野生動物が凍死する姿がインターネット上に報告された。

 

 どの写真も今月11日の朝に投稿されたもので、目撃者は自然の厳しさに慄きながら、生命に対する畏敬の念をもって報告している。

 

 暖房の効いた暖かな室内で過ごせることへの感謝を忘れずに、これらの写真を紹介したい。

 あなたにオススメの記事