外交

中国が東シナ海の未決着海域で新たなガス田開発

 東シナ海の、「日中双方が継続協議中」としている海域で、中国が新たなガス田開発に着手していることが判明した。

 

 菅義偉官房長官が3日午前の記者会見で、日本政府の把握している事実として明らかにしたところによると、東シナ海の日中の中間線(日中双方の海岸線から等距離のライン)の西側(中国側)約26キロの地点において、中国の大型海上クレーン船が、新たな海洋プラットフォームの建設と思われる作業を行っているとのこと。

 

 東シナ海のガス田開発については2008年6月の日中合意で、東シナ海の翌檜(あすなろ 中国名・龍井)付近については共同開発することとしたものの、それ以外の海域の取り扱いについては、継続して協議することになっている。

 

 このため菅官房長官は、「日中双方の主張が重複するこの海域において中国側が一方的に開発を進めることは認められない」として、「このクレーン船の活動については中国側に重大な懸念を伝え、仮に一方的な開発を進めているのであれば受け入れられない旨を中国側に外交ルートを通じて申し入れしている」と述べた。

 

 なおこの申し入れに対し中国側からは、「まだ具体的な返答はありません」とのこと。

 あなたにオススメの記事