気象

東海・東北で大雨の予想 19日朝までに100ミリ超

   伊豆半島で1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降るなど、18日から19日にかけて東海・東北地方で大雨が予想されるとして、気象庁が注意を呼びかけている。


   気象庁によると、日本海を南東に進む低気圧に向かう暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、18日は東北地方と東日本で大気の状態が非常に不安定になっている。正午までの24時間に、山形県大井沢では観測史上最高の237ミリの雨が降り、伊豆半島西部の静岡県土肥でも175ミリ、新潟県高根でも174ミリを記録した。


   18日は東海、東北地方で1時間60ミリを超える激しい雨が降り、局地的に80ミリを超える猛烈な雨が降るところもある見込み。19日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで東北は120ミリ、東海は100ミリと予想されている。


   気象庁は、「ここ数日、大雨が続いた東北や北陸では特に土砂災害に警戒が必要」と注意を促し、落雷や竜巻の恐れもあるとして、積乱雲の近づく兆しがある時は建物内に入るなど安全確保を呼びかけている。

 

 あなたにオススメの記事