事故

自衛隊F-15戦闘機の部品落下 那覇空港が一時閉鎖

 沖縄県の那覇空港で26日午前9時44分ごろ、航空自衛隊のF-15戦闘機の部品が落下したことが原因で、滑走路が一時閉鎖された。菅義偉官房長官が午前中の会見で明らかにした。

 

 発表によると、那覇空港ではけさ9時44分ごろ、滑走路に落下した自衛隊機の部品が散乱し、回収作業を行うために47分間、閉鎖された。部品は既に回収され、滑走路の運用が再開された。

 

 この影響で、那覇空港を発着する一部の便に遅れが出ており、到着地を変更するなどの影響が出ている。

 あなたにオススメの記事