気象

台風22号 マリアナ諸島近海で発生!週末再び沖縄に接近か?気象庁

 フィリピンの東に位置するマリアナ諸島近海で発達中の熱帯低気圧は24日午後3時ごろ、台風22号になった。

 

 気象庁によると、台風22号の現在の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速25メートルで、風速15メートル以上の強風域を伴いながら、西北西に向けて時速30キロで進んでいる。

 

 この先5日間の進路予測によると、台風22号は、マリアナ諸島近海からフィリピンの東に接近しながら勢力を増し、今週末27日には沖縄県の石垣島や宮古島近海まで到達すると見込まれている。

 

 一方、太平洋やインド洋で発生する台風を監視する米海軍の合同台風警報センター(JTWC)は、台風は沖縄付近に到達したのち、進路を北西寄りに変えて、本州の南に接近すると予測している。

 

■台風の最新情報は、ハザードラボ「台風マップ」をご覧ください。

 あなたにオススメの記事