気象

熱帯低気圧がフィリピン沖で発達中 台風25号になるか?明日は大荒れ

 けさ、フィリピンのミンダナオ島沖のスールー海で熱帯低気圧が発生した。あす以降、台風に発達するおそれがあるとして、気象庁が動向を注視している。

 

 17日午前6時現在、熱帯低気圧の中心気圧は1006ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルで、西に向かって時速30キロで進んでいる。

 

 気象庁によると、今後は北寄りに進路を進めながら、次第に発達を続ける見通しで、日本付近に影響を及ぼす心配はなさそうだ。

 

 一方、あす18日は、発達する低気圧の影響で全国的に荒れ模様となり、北海道や東北地方を中心に大荒れや大しけとなるおそれがあるので、外出の際にはご注意を。

 あなたにオススメの記事