地震

中国・チベットでM6.9の巨大地震

 中国地震局によると、日本時間18日午前7時34分ごろ、中国内陸部のチベット自治区林芝(ニンティ)市米林(メンリン)県を震源とするマグニチュード(M)6.9の地震が発生した。

 

 米地質調査所(USGS)によると、地震が発生したのは、中国がインドとの間で国境をめぐる紛争の最前線にあたるアルナーチャル・プラデーシュ州との境界から50キロほど中国側の山岳地帯で、震源の深さは約10キロ。

 

 中国地震局は地震発生後、災害救援チームを現地に派遣し、被害の実態調査を急いでいる。

 

 地震が発生したのは、北にユーラシアプレート、南のインドプレートがぶつかる境界で、地震活動が活発なエリア。

 あなたにオススメの記事