気象

流れる川が凍りつき 一瞬で氾濫!恐怖のアイスジャム(動画)

 年末年始にかけて猛烈な寒波が襲った米国東部では、先週末以来、再び寒気が流れ込み、北部を中心に各地で凍りついた川の氾濫による「アイスジャム」現象が発生し、住民の生活を脅かしている。

 

 米国立気象局(NWS)は今月12日、公式ツイッターでカナダとの国境近くを流れるオーセイブル川が凍りついて氾濫するようすをとらえたタイムラプス動画を公開した。

 

 NWSのバーリントン支局によると、オーセイブル川は現地時間の昼過ぎに凍り始めたが、午後2時を過ぎたころ、ゆっくりと溶け始めた(動画は世界標準時UTC表記)。

 

 

 わずか30分後、突然川面の氷が瞬間的に砕け散り、大量の氷の塊があふれ出して水位が上昇。流域に氾濫の危機が迫ったが、午後3時前には、渋滞していた氷の塊がスムーズに流れ始めたという。

 

 この現象は、「流れを詰まらせる氷」を意味する「ice jam」と呼ばれる現象で、NWSは「川の渋滞は、あっという間に起こります!」と注意を呼びかけている。

 

 先週末は米国北東部で最低気温が氷点下25℃に達したところが多く、北部のメイン州でもケネベック川が氾濫し、道路まで氷があふれ流など、各地でアイスジャムによる洪水が相次いだという。

 あなたにオススメの記事