宇宙

不気味?「スーパー・ブルーブラッド・ムーン」31日に皆既月食

 今月31日の夜、地球の影に月がすっぽり入り込む「皆既月食」が起こる。皆既月食が起こると、月の色は真っ黒ではなく赤黒い「赤銅(しゃくどう)色」に変化するが、米国では「Super Blue Blood Moon(青い血の色の月)」という不気味な名前で表現している。

 

 国立天文台によると、今回の皆既月食は日本全国で部分食の始めから終わりまで見られるとあって、観察条件は非常に良い。

 

 2015年4月4日にあった前回はわずか12分間で終わってしまったが、今回は午後8時48分の欠け始めから、完全に欠けるのが午後9時51分まで。皆既月食が1時間17分続いたのち、午後11時8分に輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた午前0時12分に元の丸い月の形となるため、ゆっくり冬の天文ショーが楽しめるはずだ。

 

 月食は肉眼でも十分に観察できるが、双眼鏡や望遠鏡を使えば、より鮮明に変化が見える。部分食が始まる前や終わったあとには、月がうっすらとした地球の影の中に入って「半影(はんえい)食」と呼ばれる状態になる。肉眼ではわかりづらいが、露出を抑えて写真撮影するとバッチリわかる。

 

 東北地方より西側では、今年7月28日にも皆既月食のチャンスがめぐってくるが、明け方で地平線にも近いため、丸い形に戻る前に日の出を迎えてしまうことから、今回ほど観察には向いていない。国立天文台では今回、月の色を観察して特設サイトで報告してもらうキャンペーンを行う。こちらもぜひ参加してほしい!

 あなたにオススメの記事