気象

台風3号発生!ミクロネシアからフィリピン近海へ

 気象庁によると、25日午後3時、西太平洋ミクロネシアのカロリン諸島近海で発達中の熱帯低気圧が台風3号になった。

 

 25日午後6時現在、台風3号の中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、風速15メートルの強風域を伴いながら、カロリン諸島の西へ向かって時速30キロで進んでいる。

 

 気象庁によると、台風は次第に発達を続けながら、あさって27日にはフィリピンの東の海上に到達し、その後は北寄りに進路を変えて小笠原諸島近海に進むものと見込まれている。

 

 気象庁は台風の今後の動向を注視するとともに、この付近を航行する船舶に対して警戒を呼びかけている。

 

◼︎日本付近に影響を及ぼす可能性がある台風の情報は、ハザードラボ「台風マップ」でも随時公開しています。

 あなたにオススメの記事