地震

大阪北部地震 小4女児がブロック塀の下敷き 死者3人 負傷者多数

 けさ、大阪北部で発生した地震で、大阪府高槻市の小学校に通う9歳の女の子が、倒壊した小学校のプール近くの外壁の下敷きになって死亡するなど、これまでに3人が死亡、大阪や兵庫、滋賀などで計43人が負傷している。菅義偉官房長官が発表した。

 

 事故は震度6弱の揺れがあった大阪府高槻市の寿栄(じゅえい)小学校のプール周辺に立つブロック塀が倒壊し、登校中の小学4年生の女の子が下敷きになって死亡した。高槻市によると、寿栄小学校は現在開設されている避難所のひとつに指定されている。

 

 

 また大阪府茨木市では80代の男性が自宅で本棚の下敷きになり、死亡したほか、大阪市東淀川区では通学する小学生の見守り活動を行っていた80歳の男性が倒壊したブロック塀に巻き込まれて搬送先の病院で死亡している。

 

 

 消防庁災害対策本部によると、午前10時半現在、大阪市や高槻市、兵庫県尼崎市などで20件の火災が発生したほか、大阪府の枚方市、大阪市、東大阪市、兵庫県西宮市、滋賀県湖南市などで43人の負傷が確認されている。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事