防犯

夏休み中の学生か?十代少年 下半身露出して自転車で駆け抜け 練馬区

 東京・練馬区できょう(27日)午後、中学生くらいの少年が、短パンを下げて下半身を露出したまま自転車に乗っていると、通行人から110番通報があった。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは27日午後2時40分ごろ、練馬区三原台3丁目の路上で、15歳くらいの少年が着ていたハーフパンツから男性器を出して、通行人に見せるようにして自転車で駆け抜けていくのが目撃された。

 

 犯人は身長170センチくらい、髪の毛は染めておらず、痩せていて、白い半袖シャツに、黒のハーフパンツを履いていて、緑色のママチャリに乗っていたという。

 

 現場は西武池袋線「石神井公園駅」から600メートルほど北西に離れた住宅街で、警察がパトロールを強化している。


【問合せ先】光が丘警察署 03-5998-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事