防犯

今度はセクシーな黒!八王子のブラ+パンツ男 台風前夜のウォーキング

 今年5月以来、女性用の下着姿の男がたびたび目撃されている東京・八王子市で28日未明、再び公然わいせつ事件が起きた。

 

 男が出没したのは28日午前2時半ごろ、八王子市打越町の路上を通行中の住民が、女性ものの黒いブラジャーとパンツを身につけて、顔には黒いマスクを付けた不審人物を目撃した。

 

 犯人の年齢は40代、身長175〜180センチ、がっちりした体型だった。現場は、京王線「北野駅」周辺の住宅街で、八王子市打越町では、このところひんぱんに女性モノの下着を付けた半裸の男が深夜に出没している。

 

 下着男が一番最初に目撃されたのは、1年前の2017年7月19日で、その時はピンクのブラとパンツを着用し、背丈や黒いマスクを付けていた点などは今回と同じ。さらに厳寒の季節の1月には全裸だったが、5月以降は、毎回デザインが異なる下着のセットで目撃されている。

 


【問合せ先】南大沢警察署 042-653-0110 (内線2652)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事