生物

日本初!新種の「洞窟アリ」沖縄で発見 名前は「引きこもり」世界2例目

 沖縄本島で洞窟に住む新種のアリが見つかった。洞窟性のアリとしては日本初、世界でもラオスに次いで2例目の発見だという。

 

 発見したのは、沖縄で環境調査や養蜂、自然観察会など昆虫に関する仕事を手がける「アルカエ」代表の名嘉猛留(なかたける)さん。

 

 ニュージーランドの動物分類学誌『ズータクサ(Zootaxa)』に掲載された論文によると、見つかったのは石灰岩質の洞窟で生息場所が非常に限られた場所であるうえ、個体数もごく限られていることから、乱獲を防ぐために具体的な場所は明らかにされていない。

 

 名嘉さんから報告を受け、調査を行った九州大学総合研究博物館の丸山宗利准教授によると、洞窟はアリにとって暮らしやすい環境ではないため、地球上で確認されているのは、2003年にラオスで見つかった「ハシリハリアリ」が唯一だという。

 

 新種は「アシナガアリ」の仲間で、和名は「ガマアシナガアリ」、学名は「アフェノガステル・ ガマグマヤー(Aphaenogaster gamagumayaa)」といい、沖縄の方言で「洞窟に引きこもるもの」を意味する。

 

 洞窟に生活する生物の特徴を受け継いでおり、体の色が薄く、退化した目は非常に小さく、脚や触覚が発達している。

 

 調査を行った丸山准教授は「初めてこの標本を見たときに、あまりのことにひっくり返りそうになった。もともと洞窟はアリが暮らしにくい環境なので、日本で見つかるとは思いませんでした」と話している。また、発見者の名嘉さんは「沖縄が世界に誇る生物多様性の申し子、軌跡の引きこもりです」とコメントしている。

 

 あなたにオススメの記事