防犯

恐怖…丑三つ時の全裸マン!目出し帽で頭隠して尻隠さず 三鷹

 5日未明、東京・三鷹市の路上で、白っぽい目出し帽をかぶった全裸の男が歩いているのを通行人が目撃し、警察に110番通報した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、5日午前2時ごろ、三鷹市牟礼3丁目の路上を顔を隠した全裸の男が歩いているのを帰宅途中の付近の住民が目撃した。

 

 目撃者によると犯人は身長170センチ前後で中肉体型、目の部分だけくり抜いた白い目だし帽のようなものを隠していたので表情は不明だが、若い感じだったという。

 

 現場は、京王井の頭線「三鷹台駅」から500メートルほど離れた公園や農園の周りの住宅街で、当時はひと気がほとんどなかったという。警察は、夜の帰宅時は、人通りの少ない道や暗い公園を避けて、なるべく明るい道を通るように心掛けてほしいと注意を呼びかけている。


【問合せ先】三鷹警察署 0422-49-0110 (内線2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事